2011/03/07

流氷と釧路湿原



まだまだ寒い日が続きますね。寒い時には寒い場所がグッと来る・・・ということで、冬の北海道に行ってきました(3月2〜4日)。初日は、オーロラ号で流氷の中を突き進む・・・予定でしたが、あいにく流氷はなし。しかしその翌日、網走から知床斜里へ向かうノロッコ号の車窓から、流氷を観察できました。温暖化により流氷が観られる機会は減っているとのこと。貴重な経験ができ良かったです。



3日目は釧路湿原に行きました。はらはらと舞う粉雪の中、眼下に広がる釧路湿原の光景は、いかにも広大な北海道といった感じでグー!!! なお、この日お世話になったタクシーのガイドさんによると、夏の釧路湿原はまた格別なのだそうです。是非また来るようにと誘われましたが、いつ休みがとれるかもわかりませんし・・・ ただ、これも何かのご縁。この方を紹介してしておきましょう。DK第一共栄交通の佐藤修一さん(0154-36-4151)で、写真が趣味で釧路湿原のすぐそばにお住まいとのこと。饒舌でとても楽しい方ですよ。



最後に、丹頂鶴が冬、餌がとれない時期に集まる「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」へ行きました。丹頂鶴って本当に仲むつまじいんですね。じゃれ合うように踊っていましたよ。。以上、冬の北海道旅行 〜 思ったより面白かったです。(その他の写真は「冬の北海道【網走〜釧路】2011/3/2 - 4」へ)